HOME > 第75回番組審議会 議事録

第75回番組審議会 議事録

第75回番組審議会議事録

㈱中国コミュニケーションネットワーク

FMちゅーピー 76.6MHz

開催年月日  平成29年2月9日(木)午前11時

開催場所   中国経済クラブ(中国新聞ビル8F)

委 員:総数7人

出席委員(敬称略)

委 員 木原 康樹(広島大副学長)

委 員 山根 恵子(ロジテックべべ経営)

委 員 湯谷 葉子(メディアスパイス社長)

委 員 向井 良(弁護士)

委 員 渡辺 拓道(中国新聞社文化部長)

 

欠席委員(敬称略)

委 員 山本 敏雄(トライベッカ社長)

委 員 中村 靖富満(やまだ屋社長)


会社側出席

社長兼放送局長         小野 浩二

企画営業部長          宮信 亨

営業担当            久保田 正明

制作担当            堀部 正拓

制作会社社長          迫田 和弘


議 題

一、開会挨拶および経営報告

一、番組試聴「きょうの天風録」「ハワイ真珠湾攻撃追悼式典の中継」

一、ご意見・ご感想

一、制作スタッフの報告と質疑応答

一、前回以降の業務報告


◆番組試聴「きょうの天風録」(2月6日放送分)

中国新聞朝刊1面の「天風録」を朗読するコーナー。1月から朝ラジ!内で2病院の提供コーナーとなりました。通勤中のドライバーや家事の合間の主婦、目の不自由な方たちに聞いてもらおうという狙いです。


<番組に対する委員の感想・意見>

・天風録をラジオ番組として放送するという内容は良かった。朗読の際の言葉の抑揚がついていて聞き取りやすく、さすがプロだと感じたが、スピードは少し早かった。目が衰えて新聞が読みにくいという方には喜んでもらえる番組ではないだろうか。

・朝の忙しい時に、出勤時の車などで天風録を聞くことができるのは心が落ち着くと思う。番組のクラシック音楽のBGMもとても合っていると感じた。最近は活字に触れていない子どもも多いので、教育に音での読み聞かせを活用することもある。

・とても良いコーナーだ。以前から、天風録を番組にしたらいいのにと思っていた。目の不自由な方の役にも立てるし、どんなシチュエーションでも聴ける。

・素晴らしい企画だ。子どものころ、学校で天風録を読んで感想文を書くなどの宿題をしていた。ラジオで聞くのは目で読むのとは違うものの、同じように考えるきっかけになると思う。パーソナリティーには天風録に対するコメントにもうちょっと時間をかけてほしかった。

・読みも声も良かった。一つ気になったのは、「余寒」という言葉を読み上げて、その文字について朗読の後に説明していたこと。文字としての情報なので、ラジオでは伝わりにくい宿命がある。たとえば、音だけで伝わりにくそうな言葉は朗読の前に解説しておくのはどうだろうか。途中で聞き取りが途切れてしまうと、文章の意味を味わってもらうことができない。


「ハワイ真珠湾攻撃追悼式典中継」(12月8日放送分)

真珠湾攻撃からちょうど75年となった昨年12月7日(日本時間8日未明)、ハワイの米海軍施設で開かれた追悼式典を取材し、広島すまいるパフェで現地中継しました。その他、「ピースロード」でもオバマ前大統領の出身校のプナホウ学園で取材し、真珠湾に佐々木禎子さんの折り鶴を常設するために尽力した広島出身のピーターソンひろみさんにインタビューをしました。


<番組に対する委員の感想・意見>

・広島の放送局でないとできないインパクトと内容のある中継だった。また、取材対象者のセレクトもよかった。比較的長いコメントを話されていた女性も、比較的分かりやすい言葉ではっきりした内容を話されていた。ただ、生き残りの方々や住民の方々は「恨みはない」とはコメントしていたものの、本当の気持ちはどうなのだろうか、もっといろいろな気持ちがあるのではないだろうかなと思いながら聞いていた。

・テレビでも同じ式典を見たのだが、ラジオでの中継は、考えながらものを聴けるのでよかった。テレビは画像も一緒に写るので、情報の処理が大変だ。目から入ると情報が飽和状態になる。

・特に広島では注目されていた式典だったので、中継されたのはとてもよかった。もっとこの中継のすごさを宣伝して盛り上げたほうがよかったのではないだろうか。インタビューには会場の雑音が大きく入っていたが、逆に臨場感があってよかった。

・広島の放送局ならではの取り組みだった。制作担当者の中継も、ゆっくり話して式典の状況がイメージとして伝わってきた。英語でのインタビューも、通訳の解説が伝わりやすく、考えながら聞くことができた。

・内幕を考えると、短時間で全体的な構成やインタビューをきれいに編集してまとめ、紹介していく取材対象者の順番も良く、チャレンジングな企画だった。良い中継だったが、あえて言うと、原爆や次の平和に向けてなど、もう一コマ入ればもっと広島らしさが出たのかなと思う。

◆前回以降の経過
▽12月8日(木) 広島すまいるパフェとイブニングストリームの2番組で、ハワイに中継をつないで真珠湾で開かれた追悼式典について伝えた。


▽12月16日(金) 鳥取県米子市のDARAZ FMが制作した特別番組「カニ!温泉!スキー!今が旬!『とっとりで待っとります』」を放送した。鳥取県中部地震後の鳥取県内各観光地を応援し、魅力を伝える内容。


▽12月24日(土) 午後2時から、広島駅南口の地下広場で、広島東洋カープの岡田明丈投手や、カープが好きな芸人のあらきあきゆきさんをゲストに迎え、公開生放送イベントを実施した。午後10時からは、広島すまいるパフェのパーソナリティーが全員集合する特別番組「夜すま」を放送した。


▽12月28日(水) 朝ラジ!の放送枠を30分間拡大し、パーソナリティーが集まって1年を振り返る内容を放送した。


▽12月29日~1月3日 特別番組「初詣は二葉山山麓 七福神めぐりへ」を放送した。

▽1月3日(水) パーソナリティーの五反田曜子とリ・ファジによる特別番組「曜子とファジの新春スペシャル」を正午から放送した。

▽1月6日(土) 「ひろしまロコドルショーケース」の後番組として、シンガーソングライターのSeaによる生放送番組「WEEKEND H(ウィークエンド アッシュ)」の放送をスタートさせた。

 

▽2月4日(土) 広島市西区のマリーナホップで藤井尚之さんと藤井フミヤさんを招いて「J-CAFÉ Ocean Breeze」の第12回公開録音イベントを開催した。


以上