HOME > 番組審議会 > 第93回番組審議会 議事録

第93回番組審議会 議事録

第93回番組審議会議事録

㈱中国コミュニケーションネットワーク

FMちゅーピー 76.6MHz

 

開催年月日  令和2年2月13日(木)午前11時

開催場所   中国経済クラブ(中国新聞社8階)

 

委 員:総数7人

出席委員(敬称略)

委員長 川島 宏治(ちゅピCOMひろしま代表取締役副社長)

委 員 山根 恵子(ロジテックべべ経営)

委 員 中川 圭(乳がん患者友の会きらら理事長)

委 員 安達 伸生(広島大大学院整形外科学教授)

委 員 山中 和久(中国新聞社文化部長)

 

欠席委員(敬称略)

委 員 中村 靖富満(やまだ屋社長)

委 員 向井 良(弁護士)

 

会社側出席:

社長兼放送局長         小野 浩二

制作担当            堀部 正拓

パーソナリティー        珠居 亜弥

 

 

議 題

一、開会挨拶および経営報告

一、番組試聴「イブニングストリーム スポーツ」

一、ご意見・ご感想

一、訂正や苦情の報告と前回以降の業務報告

 

 

 

◆「イブニングストリーム スポーツ」

(2月6日放送分)

月曜~木曜の夕方の帯番組「イブニングストリーム」の木曜日を、eスポーツなどを紹介する新しい番組として「イブニングストリーム スポーツ」として昨年10月から放送開始した。パーソナリティーは広島出身の住谷綾香が務める。テレビゲーム会社に許可をとり、動画サイトYoutubeなどを活用して、eスポーツの実況などの新しい試みをしている。当日は審議委員にYoutubeの動画を同時に見てもらった。

 

<番組に対する委員の意見・感想>

・とても良い試みだと思う。こういった挑戦的な試みは小さな放送局でないとやりにくい。挑戦しながら、どういう風に進化させるかが大切だと思う。「eスポーツ」は、多くのユーチューバーや芸能人がYoutubeでしていて人気だ。若い人たちは人がやるテレビゲームを見るのが好きなんだなと思った。広島のeスポーツを応援するという、この番組のコンセプトを忘れないように進化させることが大切だ。

・ラジオ以外にもYoutubeなどで同時に配信するというのは、仕組みづくりが大変だなと思った。Youtubeを活用するのであれば、例えば音楽を利用するなどして、権利処理さえ大丈夫ならば工夫次第で面白いやり方がたくさんあると思う。特にラジオ局なので特に音楽をテーマにするのが合うだろう。

・実際に番組を何度か聞いてみた。パーソナリティーの声は好きだが、映像がなくラジオだけだと辛い。動画を想像してみようとするのだが、私はテレビゲームもしないので、想像しようがない。チャンネルを変えたくなった。ただ、新しい試みなので、例えばテレビゲームの実況部分の時間を工夫するなどしてはどうか。また、放送時間帯ももっと遅い時間のほうが合うのではないかと思う。

・車で聞いていて、動画が想像できないのがつらかった。eスポーツもまだ認知度が低いので、楽しさを伝えてほしい。ラジオとYoutubeを組み合わせる試みは面白いと思う。広くスポーツを扱う番組にすれば面白いと思う。パーソナリティーの声はすごく聞きやすく、トーンやしゃべりのスピードはよかった。

・「一部の層に届けばよい」と考えて突き抜けて面白いことをやったほうがいいんじゃないかと思う。eスポーツはインターハイで種目になったり、社会に知られてきている。例えば、広島で開かれるeスポーツの大会にあわせて放送するなどすれば面白い。

 

 

◆訂正や苦情の報告と前回以降の業務報告

 

▽番組での訂正やリスナーからの番組に関する苦情についてはありませんでした。

 

▽12月29日(日)~1月3日(金) 年末年始の特別編成で、二葉の里にある7つの社寺を初詣で巡る魅力について語る「初詣は二葉山山麓七福神めぐりへ」を放送・再放送した。

 

▽1月11日(土) 広島市南区の広島駅南口地下広場で広島東洋カープの選手を引退した岩本貴裕さんらをゲストに招き、公開生放送イベント「新春スペシャルトークショーinエールエール」を開催した。

 

 

以上