HOME > 番組審議会 > 第72回番組審議会 議事録

第72回番組審議会 議事録

第72回番組審議会議事録

㈱中国コミュニケーションネットワーク

FMちゅーピー 76.6MHz

開催年月日  平成28年8月5日(金)午前11時

開催場所   中国経済クラブ(中国新聞ビル8F)

委 員:総数7人

出席委員(敬称略)

委員長 木原 康樹(広島大副学長)

委 員 伊藤 利彦(広島バスセンター元社長)

委 員 安達 春汀(書道家)

委 員 森信 秀樹(森信建設社長)

委 員 山本 敏雄(トライベッカ社長)

委 員 湯谷 葉子(メディアスパイス社長)

委 員 渡辺 拓道(中国新聞社文化部長)


会社側出席

社長兼放送局長         小野 浩二

制作・業務担当         堀部 正拓

パーソナリティー        山本 修治

パーソナリティー        保原 和恵


議 題

一、開会挨拶および経営報告

一、委員長選任および感謝状贈呈

一、番組試聴「特別番組 厳島と宗像」

一、ご意見・ご感想

一、制作スタッフの報告と質疑応答

一、前回以降の業務報告


◆番組試聴「特別番組 厳島と宗像」(6月9日放送)

今年、世界遺産登録20周年を迎えた厳島神社と、近い将来の世界遺産登録を目指す福岡県宗像市の宗像大社の交流を深めようという動きが始まっていることを紹介する特別番組。宮島観光協会会長の中村靖富満さんと、広島市出身で西鉄監査役の大黒伊勢夫さんに、交流の経緯や展望などを語ってもらい、広島県健康福祉局局長の笠松淳也さんも交え、古代史の魅力を探った。6月19日には再放送でFMはつかいちと初めて同時放送をした。


<番組に対する委員の意見・感想>

・笠松さんを個人的に知っているのだが、古代史について造詣が深いと初めて知った。ゲストの選び方が面白い。番組を聞きながら、もっと先が知りたいというわくわく感があった。

・男性が3人で、ゆったりしてよく通っていて、聞きやすい声だった。こういった歴史ものの番組をぜひ増やしていただきたい。ナビゲーターの声も良く、彩りが添えられていた。ぜひシリーズ化してもらいたい。番組の続編がほしい。歴史を語る番組をどんどん広げてほしい。

・品の良い番組で、地元でのささやかな交流をきっかけにして、この番組につながったということを話しから実感できた。コミュニティFM局ならではの番組だ。宮島など、神社の関係者は歴史をよく勉強している方が多い。そういった方々をうまく生かして番組を作ってほしい。

・廿日市市のコミュニティFM局でも同時放送したとのことで、そちらでも多くのリスナーに聞かれたのではないかと思う。良い番組だった。ただ、宗像神社の場所についての、簡単な説明をリスナーに対して入れてほしかった。広島の方はあまり知らない神社だろうから。男性3人がゲストに出ていたが、ナビゲーターがうまくまとめ、ごつごつした感じが無かった。番組が地域同士の橋渡しになることを期待している。

・番組を生で聴いていて、固い内容なのかなと思っていたが、すごく聞きやすかった。古代史を身近に聞くことができた。民放では、古代史というものをなかなか聞く機会がない。シリーズ化すれば、聞いていきたいと思う。

・とても面白く、格式の高い番組だった。ただ、構成が少し気になった。ゲストが3人もいるので、今誰が話しているのかということがわかりにくい。しゃべり始める前の導入をしっかりしてほしかった。また、古代史に詳しい笠松さんの話を先に出し、その後で地元同士のつながりのきっかけを話すという構成のほうがよかったかもしれない。

・男性3人の落ち着いた語り口で、自然なかたちでじっくり聞かせる番組だった。笠松広島県健康福祉局局長の出演は、「なぜこの方が出演したのか?」という説明をもっと入れてほしかった。


<パーソナリティーの報告>

FMちゅーピーの番組に出演しているパーソナリティー2人が、それぞれ自分たちの番組(「広島すまいるパフェ」と「イブニングストリーム」)について委員からの質問に答えるかたちで説明した。


◆前回以降の経過

▽6月9日(木) 「特別番組 厳島と宗像」を放送。6月19日にはFMはつかいちとの同時放送で再放送した。
▽6月21日(火) 国土交通省太田川河川事務所高瀬堰からの要請で、大雨での洪水を防ぐために、高瀬堰から放流するという内容の緊急割り込み放送を午前5時35分ごろ実施した。
▽6月24日(金) 広島市中区のサンモール5階で「にかもとりかの【おれんじ☆かのん】」の公開生放送イベントを開催した。
▽6月25日(土) 広島市南区のエールエールA館地下広場で、歌手の森本ケンタさんらをゲストに招いて、公開生放送イベント「エールエールスペシャルライブ~とびっきりの男祭り~」を開催した。
▽7月1日(金) 広島コンピュータ専門学校の生徒たちによる手作りのコーナー「ヒロコンスタイル」を金曜午後の「にかもとりかの【おれんじ☆かのん】」内で放送を開始した。7月中は毎週放送。
▽7月13日(水) 国土交通省太田川河川事務所高瀬堰からの要請で、大雨での洪水を防ぐために、高瀬堰から放流するという内容の緊急割り込み放送を午前10時9分ごろ実施した。
▽7月23日(土) 広島港で開かれた「広島みなと夢花火大会」の実況中継番組を放送した。


以上