HOME > 番組審議会 > 第68回番組審議会 議事録

第68回番組審議会 議事録

第68回番組審議会議事録


㈱中国コミュニケーションネットワーク

FMちゅーピー 76.6MHz

開催年月日  平成27年12月4日(金)午後4時

開催場所   中国新聞ビル7F 708会議室

委 員:総数7人

出席委員(敬称略)

委員長 大井 健地(広島市立大名誉教授)

委 員 伊藤 利彦(広島バスセンター前社長)

委 員 安達 春汀(書道家)

委 員 森信 秀樹(森信建設社長)

委 員 山本 敏雄(トライベッカ社長)

委 員 湯谷 葉子(メディアスパイス社長)

委 員 渡辺 拓道(中国新聞社文化部長)

会社側出席

社長兼放送局長         番場 真吾

制作・業務担当         堀部 正拓

 

議 題

一、開会挨拶および経営報告

一、番組試聴「週末ワイド ちゅピクリー」一、ご意見・ご感想

一、前回以降の業務報告

一、中国総合通信局からの「コミュニティ放送局の再免許に当たっての要請」を説明

一、質疑応答

一、その他




◆番組試聴「週末ワイド ちゅピクリー」(12月4日放送分)

10月からスタートした金曜朝のワイド番組「週末ワイド ちゅピクリー」は、パーソナリティーに若手の井内麻奈未と石原麻有の2人を起用。広島城などで活動している安芸ひろしま武将隊との軽妙なトークで戦国武将毛利にまつわる地元広島の歴史を紹介するコーナーは、メールなどで反響が出ています。番組は今後の放送予定を広く知ってもらうため、FMちゅーピーの1週間の番組内容を紹介するコーナーのほか、週末のおでかけ情報などで構成しています。この日は石原の出演した回を取り上げました。


<番組に対する委員の意見・感想>

・石原さんと武将隊の掛け合いがよかったが、面白くポピュラーな感じで武将を演じるのは難しいなと感じた。広島の歴史を広島弁のトークで覚えようという姿勢は重要だ。しかしトーク内容が楽屋落ちになってしまっているのではないか。特に若いリスナーはすべての人が歴史好きというわけではないだろうし、さまざまな言葉を説明する姿勢がほしかった。

・聴いている人にとって、毛利家の全体をわかっている人でないと、単に元就や兄弟の名前などを出すだけでは、トークからイメージをつかみにくい。トークの落としどころを最初に説明するなどの工夫が必要なのでは。

・石原さんの声は聴きやすかったしトークに地域性もあった。だけど、毛利家の登場人物がよくわからない。内容よりも3人の楽しそうな会話が入ってくるので、最初に説明やタイトルをはっきり言う工夫をすれば、冬休みの子どもも聴けるようなコーナーになるのではないだろうか。

・聴こうとして聴くと、トークが長い。音楽を途中に挟むなどの工夫が必要だ。また、スタジオの身内の盛り上がりのトークだけで心に響かなかった。中国放送がエフエム放送を始め、FMちゅーピーにとってライバルが増えたので、聴かれる工夫をしてほしいと思う。

・前週の放送も聴いたが、前週のほうがよかった。この回はあまりに話が先に進んでアドリブが強すぎた。トーク内容が枠内に収まるように事前にきっちり決めたほうがいい。武将隊は全国さまざまな場所にあるが、ギャグを入れたトークをしたり、歌ったり踊ったりもできる人たちだ。イベントでは甲冑を着てビジュアル的に演出ができるのだが、ラジオでは恰好を見せられないので、工夫が必要だ。また、トークとBGMがマッチしていなかったのでもうちょっと考えてほしい。

・ジングルは歴史を感じさせるものでよかったがBGMが合ってなかった。トークから毛利家の全体図が見えてこない。朝というよりは深夜番組の雰囲気だった。たとえば歴史の説明はラジオドラマで作り込むなども手だと思う。

・武将隊のコーナーは唐突に始まり、武将になりきったキャラが突然トークを始めると聴くのが難しい。全体としては楽しく聴けたが、歴史を学んでほしいという趣旨ならば、「20分ほど時間をいただければこの歴史の知識が身に付きますよ」というくらいに、一つのテーマで繰り返し掛け合いするような展開が必要なのではないだろうか。

<その他>

番組試聴のあと、中国総合通信局からの「コミュニティ放送局の再免許に当たっての要請」を審議委員に配布し、説明しました。

◆前回以降の経過
▽10月9日(金) 週末おでかけステーションを「酒まつり直前スペシャル」と題して東広島市からの中継放送を実施した。
▽10月10日(土) ひろしまロコドルショーケースで西区商工センターで開かれた家具インテリアメッセを中継した。
▽10月17日(土) 広島のアーティストを徹底紹介する月1回更新の番組「MONTHLY H(マンスリーアッシュ)」をスタート。パーソナリティーはシンガーソングライターのSeaが担当。
▽10月21日(水) 広島市南区で開かれた「ひろしまIT総合展」にブースを出し、公開中継を放送した。
▽10月27日(火) 中国総合通信局でコミュニティ放送の再免許の交付を受けた。
▽10月28日(水)と11月17日(火) 広島県警から振り込め詐欺事件の注意喚起の要請があったため、午後の番組で紹介した。
▽11月28日(土) 広島市中区で開かれた「検査と健康展」にブースを出し、公開中継を放送した。