HOME > 番組審議会 > 第66回番組審議会 議事録

第66回番組審議会 議事録

第66回番組審議会議事録


㈱中国コミュニケーションネットワークFMちゅーピー 76.6MHz
開催年月日  平成27年8月7日(金)午後4時

開催場所   中国新聞ビル7F 708会議室

委 員:総数7人出席委員

(敬称略)

委員長 大井 健地(広島市立大名誉教授)

委 員 伊藤 利彦(広島バスセンター前社長)

委 員 山本 敏雄(トライベッカ社長)

委 員 湯谷 葉子(メディアスパイス社長)

委 員 渡辺 拓道(中国新聞社文化部長)


欠席委員(敬称略)

委 員 安達 春汀(書道家)

委 員 森信 秀樹(森信建設社長)


会社側出席社長兼放送局長         番場 真吾

制作・業務担当         堀部 正拓

 

議 題

一、開会挨拶および経営報告

一、番組試聴「被爆70年特別番組」

一、ご意見・ご感想

一、前回以降の業務報告

一、質疑応答

一、その他


◆番組試聴「被爆70年特別番組」(8月6日放送の2時間の番組)

被爆70年を迎えた8月6日、平和記念式典に合わせて放送した特別番組。広島市が今年、栗原貞子さんら被爆作家3人の直筆資料をユネスコの記憶遺産に登録申請すると発表した。番組では、ゲストに、被爆作家の作品の記憶遺産化を訴え、広島に文学館をつくる活動をしている広島文学資料保全の会代表の土屋時子さんを迎え、作家3人の作品や生涯をナレーションと朗読で紹介した。その後、式典の模様を生中継した。

 

<番組に対する委員の意見・感想>

・広島県立美術館で開かれている「戦争と平和展」に関わっているが、広島での記録を調べると、ある種の時代を画するものがいろいろある。原爆文学の資料を記憶遺産に残そうという土屋さんたちの活動に期待している。ヒロシマは世界の偉い人たちを招こうとしている。そういう時に、原爆被害の実物資料とともに、表現物の記録と記憶の資料というものをまとめる新たな原爆資料館ができてもよいのではないか。私は土屋さんの運動に肩入れするし、8月6日にこういう番組をつくったことは意義がある。

・8月6日は各放送局のいろいろな番組が競合する。その中で土屋さんの運動を取り上げたことは評価する。ただ、じっくり聞くと非常によく分かるが、当日の放送時間帯が朝だったことを考えると、じっくり聞くチャンスは少なかったのではないだろうか。文学館はつくるべき時期が来ているのではないかと思う。再放送を希望する。

・8月6日に合わせたとはいえ、平日の朝7時に放送しただけではもったいない。じっくりと聞いてみたかった。構成も非常にしっかりしているし、朝7時にこの番組を放送したということだが、夜などに再放送してみてはどうか。ゆっくり落ち着いて聴ける時間が良い。ぜひ再放送してほしい。文学館が将来できたときに聴ける機会があれば、と思う番組だ。

・MCが落ち着いた声で、掛け合いも聞きやすかった。記憶遺産について私は詳しくないので、ほかにどんなものが登録されているのかなどをも紹介してほしかった。文学館が広島にないんだということをあらためて考えさせられた。あったらどう良いのかも他の地域を参考に説明してほしかった。8月6日に、こうした角度から取り上げたのは良いことだと思う。

・ニュース性のある視点で、朗読の男性の声も雰囲気があり、よかった。最後に、土屋さんへ「聞いているリスナーの皆さんにも何かできることはありますか」と聞く質問で締めくくったのもよかった。耳に残る良い語り口だったが、「一助になる」「庇護者」など硬い言葉もあり、漢字が読めるならまだしも、ラジオで聴く言葉としては分かりにくい。噛み砕いて言ってほしい言葉がいくつかあった。

・文学作品の朗読という切り口はラジオに合っていると思った。

・平和記念式典の中継で、解説役の難波健治さんの話がよかった。伝えたい内容がはっきりとしていて分かりやすかった。


◆前回以降の経過

▽6月24日(水) 広島県警からの要請で、広島市西区で起きた詐欺事件を紹介して注意を呼び掛けた。広島すまいるパフェとイブニングストリームで放送した。
▽6月28日(日) 文化放送が制作した宮島競艇の特別番組を放送した。
▽6月30日(火) 広島県警からの要請で、広島市南区で発生したひったくり事件を紹介して注意を呼び掛けた。広島すまいるパフェとイブニングストリームで放送した。
▽7月10日(金) 広島県警からの要請で、広島市安佐南区で発生した特殊詐欺事件を紹介して注意を呼び掛けた。広島すまいるパフェで紹介した。
▽7月24日(金) 朝の番組「一日一ぜん」で、廿日市市のちゅーピープールからの中継を放送した。
▽7月24日(金) 広島県警からの要請で、広島市佐伯区で発生した特殊詐欺事件を紹介して注意を呼び掛けた。にかもとりかの【おれんじ☆かのん】で放送した。
▽7月25日(土) 「2015広島夢みなと花火」の中継を特別番組として放送した。
▽8月6日(木) 平和記念式典を中継する特別番組を被爆70年のプロローグとともに放送した。中継では解説に元中国新聞記者の難波健治さん、ゲストに原爆胎内被爆者全国連絡会の好井敏彦さんを迎えた。


以上