HOME > 番組審議会 > 第64回番組審議会 議事録

第64回番組審議会 議事録

第64回番組審議会議事録

㈱中国コミュニケーションネットワークFMちゅーピー 76.6MHz

開催年月日  平成27年4月3日(金)午後4時

開催場所   中国新聞ビル7F 708会議室

 

委 員:総数7人

出席委員(敬称略)

委員長 大井 健地(広島市立大名誉教授)

委 員 伊藤 利彦(広島バスセンター前社長)

委 員 安達 春汀(書道家)

委 員 森信 秀樹(森信建設社長)

委 員 山本 敏雄(トライベッカ社長)

委 員 湯谷 葉子(メディアスパイス社長)

委 員 渡辺 拓道(中国新聞社文化部長)


会社側出席社長兼放送局長         竹林 潔

企画営業担当          久保田 正明

制作・業務担当         堀部 正拓

議 題

一、開会挨拶および経営報告

一、番組試聴「エールエール・スペシャルライブ」

一、ご意見・ご感想一、前回以降の業務報告

一、質疑応答

一、その他


◆番組試聴「エールエール・スペシャルライブ」(2015年3月14日放送分)

昨年まで放送していた公開生放送ツキイチ@エールエールが形を変え、今年からJR広島駅南口地下広場で不定期ながら公開生放送イベントを開催している。この日は広島市出身の歌手TEEをスペシャルゲストに迎えてトークとライブを行ったほか、2人組のラップデュオ「ヤルキスト」もゲストに登場した。司会は飯村徳穂が担当した。

<番組に対する委員の意見・感想>

・TEEさんに対する飯村さんのインタビューがよかった。TEEさんのことを事前にしっかり調べていて、好感が持てた。TEEさんの曲を聞いて、きょうは音楽の力を感じた。音楽のパワーは軽視できない。TEEさんの声も親しみやすく、人柄が出ていて礼儀正しかった。好意的な印象を持った。
・飯村さんとTEEさんのやり取りが非常に聞きやすかった。TEEさんの声も温かみがある。たくさんの観客がいたようだが、リスナーには分からない。会場の雰囲気やTEEさんのファッションなどが伝わるように工夫してほしい。
・TEEさんの「マジでやばいっす」などの言葉が若々しく、司会の受け答えもうまくて歌手の良さをさらに引き出していた。今度どこかでTEEさんのイベントがあったら、見に行きたい。
・私はTEEさんの名前を今回初めて聞いた。会場にはファンが集まっているようだったので、最初からTEEさんについて説明するのは難しいかもしれない。しかし、TEEさんのプロフィールや服装などラジオを意識して紹介してほしい。私のように初めて知った人には、どんな歌手か分からない。会場の雰囲気も、もっと伝えてほしい。
・飯村さんは、少し気合が入りすぎていたのではないかと思う。TEEさんのしゃべりよりも、飯村さんのしゃべりのほうが多かった。インタビュアーとして、TEEさんの気持ちや言葉をうまく引き出すようにしてほしい。TEEさんは優しい声と語りかけるような歌が特徴で、もっと有名になっていいアーティストだと思う。地元広島の放送局として応援してあげてほしい。
・番組の最初の始まり方も、会場とリスナーの両方を意識していた。USTREAMで動画中継をしているという説明を聞いて、動画も見てみようかという気になった。ただ、司会の飯村さんが入り込みすぎていて、話の配分はもう少し気を付けてほしい。また、トークに地元ネタももっと盛り込んでよいのではないか。
・違和感なく聞けた。TEEさんについてあまり知らない人間が最初に聞くことを考えると、いきなり内輪話から始まるのはいかがなものか。プロフィールについても、くどくならない程度でいいので最初の入れる工夫があってよかったのではと思う。

◆前回以降の経過

▽2月12日(木) 藤井フミヤさんと藤井尚之さんをゲストに招き、広島市西区のマリーナホップで「J-CAFÉ Ocean Breeze」の第8回公開録音イベントを開催した。
▽3月14日(土) JR広島駅南口地下広場で公開生放送イベント「エールエール・スペシャルライブ」を開催した。
▽3月30日(月) 朝のワイド生放送番組「一日一ぜん」で、広島東洋カープを応援する新コーナー「カープVロード」を開始した。

以上