HOME > 番組審議会 > 第45回番組審議会 議事録

第45回番組審議会 議事録

第45回番組審議会議事録

㈱中国コミュニケーションネットワーク
FMちゅーピー 76.6MHz

開催年月日  平成24年2月24日(金)午後4時30分
開催場所   中国経済クラブ(中国新聞ビル8F)

 

委 員:総数7人
出席委員(敬称略)
委員長 大井 健地(広島市立大国際学部教授)
委 員 伊藤 利彦(広島バスセンター前社長)
委 員 安達 春汀(書道家)
委 員 森信 秀樹(森信建設社長)
委 員 山本 敏雄(トライベッカ社長)
委 員 湯谷 葉子(メディアスパイス社長)

 

欠席委員(敬称略)
委 員 佐田尾 信作(中国新聞社文化部長)


会社側出席
社  長                       藤森 稔
常務取締役放送局長兼制作部長  竹林 潔
取締役制作・技術統括          網本 雅充
総務部長                     井上 俊逸
制作・業務担当                堀部 正拓


議 題
一、開会挨拶および経営報告
一、番組試聴「お口の健康広場デンタルパーク」
一、ご感想・ご意見
一、前回以降の業務報告
一、質疑応答
一、その他

 

◆番組試聴「お口の健康広場デンタルパーク」(2012年1月30日放送)
 広島市歯科医師会の提供。毎週月曜のDailyカフェαで放送しているコーナーで、毎回歯科医師会の歯科医師が交代で出演し、歯の健康について解説する。2003年7月から番組内のコーナーとして放送を開始。現在パーソナリティーは松原恵美が務めている。
 30日の放送では、安佐歯科医師会の瀬川和司歯科医師が歯を失った場合の義歯やブリッジなどの治療法について解説した。コーナーでは、リスナーからの質問に答えるなどの対応もしている。

 

<番組に対する委員の感想・意見>
・出演している先生が原稿を読んでいるように聞こえるのは残念。医学的なことなので、間違いも言えないという背景もあるのだろう。身近な体験談などを盛り込んで内容を柔らかくする工夫があってもいい。
・歯は誰もが関心がある。楽しくしゃべるのは難しいだろうが、実践的で心理的に楽になるアドバイスをしてほしい。
・歯の健康に関する番組を初めて聴くが、予防対策を主眼にさわやかなしゃべりでやってほしい。
・歯の健康や治療、虫歯予防について語るのはいい。ただ、既に深刻な症状を抱えている人には聞いていてもあまり効果がないように思う。老人病は暗く、重たくなるケースが多い。聴く側が楽しくなるような工夫を。番組のバックにBGMを流してもいいのでは。
・間違ったことは伝えられないということで、真面目な内容なのに好感が持てる。長寿番組になっている理由も分かる。ただ、出演している先生が少し緊張している感じも受けるので、先生が明るく話せるようなテンションを和らげる工夫が必要ではないか。
・番組を聴いて疑問点は解決されたが、「抜歯」「部位」など専門用語はできるだけ避けたほうがいい。主婦や若い人には分かりにくいのでは。なじみのない素人にも伝わる言葉を使う工夫をすべき。
・週によっては、時間の関係でリスナーの質問に答えないケースもある。具体的に悩んでいる話へのQ&A方式で解説するような内容にしたら、もっと分かりやすく親しまれるのではないか。リスナーの質問を募集するなら、しっかり募集すべきだ。
・番組のテーマは毎週変わるのだろうけど、番組の冒頭でテーマを告げるべきでは。関心のある人は聴くだろうから。番組の最後では、できれば次週のテーマを知らせてほしい。
・出演した先生の得意分野やキャリア、開業場所などを知らせてもらえないか。「こんな先生ですよ」と紹介してもらえれば、市民としてはうれしい。

 

◆前回以降の経過

▽1月30日(月) 月~金曜の午後11時45分~午前0時の特別番組として「新藤兼人の軌跡」をスタートした。広島県名誉県民、広島・三原市の名誉市民である新藤監督は今年4月に100歳を迎えられる。それを祝って広島市内などで展示会や上映会が開催される。4月6日(金)まで日替わりで新藤監督の全49作品を解説。記念イベントの盛り上げに一役買う。

▽2月9日(木) 午前0時~午前2時に、J-WAVEの番組「RADIPEDIA(ラジペディア)」をFMちゅーピーから生放送した。歌手の星野源さんが広島でのライブに合わせて来局し、無事に放送を終えた。

▽2月16日(木) 広島すまいるパフェにゲストで演歌歌手の氷川きよしさんが出演し、新曲「櫻」にかける思いを語った。12日(日)の番組宣伝広告でPRしたため、当日は30人余りのファンが1階ロビーなどに詰め掛けた。


以上