HOME > 番組審議会 > 第33回番組審議会 議事録

第33回番組審議会 議事録

第33回番組審議会 リポート

開催年月日 平成20年10月24日
開催場所 中国経済クラブ(中国新聞ビル8F)

委  員(総数7名)
出席 4名 

出席委員
委員長  大井 健地
委 員  安達 春汀
委 員  伊藤 利彦
委 員  谷川 雅洋

欠席委員
委 員  武井 妙美
委 員  森信 秀和
委 員  藤元 康之

会社側出席
社  長 大前 吉文
総務部長 竹増 昭次
制作部長 御田 一成
企画営業部長 大倉 憲久


議 題
一、  挨拶
一、  最近の放送と事業について報告
一、  質 疑
一、  番組の試聴「コイの手ほどき」
一、  感想、意見
一、  その他


審議内容

大前社長 今年5月1日に局名を「広島Pステーション」から「FMちゅーピー」に変えました。より地域に親しまれやすくするのと、名前でFMラジオ局とい うことがすぐ分かるようにという狙いでした。変更したところリスナーの反応も良いようです。経営については、厳しい環境の中ですが、20年度上期は、昨年 に比べて売上だけは二桁伸びでした。ただ、残念ながら、ラジオメディアとしての特性を生かした収入より、中国新聞本体やフリーペーパー「CUE」との連 動、イベントの手数料などの収入が大きかったのが実情です。何とか工夫をしていきたいと思っています。

大倉企画営業部長 前回以降の経過について報告します。
■前回以降の経過 
4月4日      「本通まる得BOX」コーナースタート(毎週金曜日15時30分から10分)
4月7日      「劇団四季」コーナースタート(毎週火曜日15時から10分 6月3日まで)
4月11日     「コイの手ほどき」コーナースタート(毎週金曜日10時20分から10分 中国新聞運動部記者が電話出演またはスタジオ出演)
5月1日      TIS広島支店で公開生放送
5月3日~5日  FF特別公開生放送
6月21日     若葉台から電話中継(住宅展示場)
7月1日      「大瀬戸千嶋」コーナースタート(毎週火曜日 15時から10分。地元ミュージシャン)
7月9・16・23・30日 被爆63周年特別番組(岡ヨシエさんの体験談からー8月6日午前8時15分、あの時、なぜ警戒警報はならなかったのか-15分コーナー)
7月21日     ちゅーピープール公開生放送
8月2日      JOMOCUPサッカー中継(国立競技場)
8月6日      「平和記念式典」平和公園から生中継
8月8日      ちゅーピープールから電話中継
8月9日      広島広域公園第一球技場から平和祈念広島国際ユースサッカー中継
8月11日     「広島フォーク村」コーナースタート(毎週月曜日 14時45分から15分 本紙紙面と連動)
8月12日     広島市民球場前からJCBカード電話中継
10月11日    ゆうちょ銀行・郵便局民営化1周年記念で、セミナー・相談会を基町クレドホールから電話中継
10月12日    広島市民球場前からJCBカード電話中継
10月13日    パラオ取材旅行で現地から電話中継


■テープ試聴「コイの手ほどき」(9月26日放送)

委員から、広島カープの試合について、中国新聞紙面の「球炎」を読みながら運動部記者が解説するのは、選手あがりの人の解説と違って味があって良い。記者が解説する番組はほかになく、FMちゅーピーの独壇場といえるなどの意見があり、概ね好評だった。さらに、地元のサッカーチーム、サンフレチェの番組につ いての質問もあり、社長が月曜日にサンフレチエOBに語ってもらう番組があることを報告した。

以上