HOME > 番組審議会 > 第24回番組審議会 議事録

第24回番組審議会 議事録

第24回番組審議会 リポート

と き 平成16年12月3日
ところ 中国経済クラブ(広島市中区土橋町)

審議内容

2004年8月から2004年11月にかけて、Pステーションが行ってきた放送、イベントについて報告し、委員
から貴重なご意見をちょうだいしました。
Pステーションの主な放送は以下の通りです。

☆8月
・6日  報道特別番組「外から見たヒロシマ」
・29日 東区防災訓練特別番組

☆9月 
・28日 中国新聞ちゅーピーくらぶと共催で「ピーコ講演会」

☆10月
・9日  中国新聞ちゅーピー祭り公開生放送
・16日 中国新聞ドライビングフェア会場から公開生放送
・24日 広島県トラック協会主催のトラック引きレース会場から生中継
・30日 シャレオスタジオからJ-WAVE「スーパーラインJ」生放送
・広島県教育委員会主催「産業教育フェア」コーナー番組実施

☆11月
・1日  秋の番組改編「口は災いの素」スタート
・17日 中国新聞呉販売店会主催「西川きよし講演会」
・20日 たる募金イベント会場から公開生放送
・23日 カープファン感謝デー たる募金応援公開放送
・23日 JCBA制作「新潟県中越地震特別番組」をFM雪国から生放送

テープ試聴「口は災いの素 カープコーナー」
委員の方々から「私設応援団長の進藤さんの話は面白い。カープファンも納得するだろう」「この番組は
楽しい。コミュニティーラジオが身近に感じる。放送時間が午前9時から10時45分までということだが、
もったいないような気がする」「他では聞けない切り口だ」「広島弁がいい。ヒットの予感がする。広島
らしさをどんどん出してほしい」などと励ましの声をいただきました。
このほか「新潟県中越地震の放送を聞いたときの感想だが、ラジオは言葉の力が大きい。テレビが何でも
映してしまうのに比べ、想像しながら聞くので、むしろ印象が強い面もある。ラジオの魅力を思った」との
意見もいただきました。こうしたご意見は、今後の放送、経営の参考にさせていただきます。

以上