HOME > 番組審議会 > 第22回番組審議会 議事録

第22回番組審議会 議事録

第22回番組審議会 リポート

と き 平成16年3月15日
ところ 中国経済クラブ(広島市中区土橋町)

審議内容

2003年10月から2004年3月にかけて、Pステーションが行ってきた放送、
イベントについて報告し、委員から貴重なご意見をちょうだいしました。

Pステーションの主な放送は以下の通りです。

10月30日、JR西日本の下関ふくふくキャンペーンの一環として、下関カモンFMと
共同制作で1時間のネット番組を制作しました。下関市内の観光スポットからの中継を
交えながら進行。将来のネット放送につなげる意味でも大きな役割を果たした番組でした。

11月9日、衆議院選挙の開票速報を深夜にかけて実施しました。広島市域を中心に中国新聞からの
速報を随時放送。半面、通常の音楽番組(JP TOP 20、ヒットチャートのカウントダウン番組)
を暫時、中断したため、メールなどで聴取者からクレームも数件いただきました。「他局が選挙報道
ばかりなので、Pステーションの音楽番組を聞いているのに、同じように速報を出して番組を中断してほしくない」といった内容が大半でした。

12月31日、「2004ひろしまドリミネーションカウントダウンインアリスガーデン」と名付けたイベント放送を中区のアリスガーデンで実施しました。ケーブルテレビ局のCCVも同時放送を行いました。
カウントダウン時には約3000人の入場者があり、アリスガーデン内での移動も難しいほど。
スポンサー及び協賛社からも大成功との声をいただきました。

1月12日、広島市成人祭の模様を西区サンプラザから中継放送しました。今回は市内5局のケーブルテレビも同時放送しました。

2月、中国新聞サービスセンターの提供による「週末お出かけステーション」が、毎週金曜日11時30分
から30分番組としてスタートしました。

2月には聴取率調査も実施しました。広島市内中心部の駐車場近辺で、約300サンプルの聞き取り
アンケートをしました。以前のドライバー調査と比較しても、好感度、聴取率ともに上向いている
結果となりました。

選挙速報について、委員から「他の局でやっているので、同じ内容の速報なら不要」
「やはり、あっていいのではないか」との両論の意見をいただきました。また、「FMは音楽と思うが、
しゃべりが多くないか。もう少し音楽を」「リスナーとのやり取りをもっと増やしたら」
「話芸の衰退が気になる」などのご意見をいただきました。

こうしたご意見は、今後の放送、経営の参考にさせていただきます。

以上