HOME > 番組審議会 > 第73回番組審議会 議事録

第73回番組審議会 議事録

第73回番組審議会議事録

㈱中国コミュニケーションネットワーク

FMちゅーピー 76.6MHz

開催年月日  平成28年10月13日(木)午前11時

開催場所   中国経済クラブ(中国新聞ビル8F)


委 員:総数7人

出席委員(敬称略)

委 員 木原 康樹(広島大副学長)

委 員 山根 恵子(ロジテックべべ経営)

委 員 山本 敏雄(トライベッカ社長)

委 員 中村 靖富満(やまだ屋社長)

委 員 湯谷 葉子(メディアスパイス社長)

委 員 向井 良(弁護士)

委 員 渡辺 拓道(中国新聞社文化部長)


会社側出席社長兼放送局長    小野 浩二

企画営業部長          宮信 亨

制作・業務担当         堀部 正拓

総務担当            妹尾 奈央子

パーソナリティー        松原 恵美

パーソナリティー        萩原 世子


議 題

一、開会挨拶および経営報告

一、番組試聴「街の御意見番」

一、ご意見・ご感想

一、制作スタッフの報告と質疑応答

一、前回以降の業務報告


◆番組試聴「街の御意見番」(9月6日、13日、20日放送分)

元FMちゅーピー番組審議会委員を中心に4人のメンバーが週替わりで生放送の番組に登場し、最近の新聞記事やテレビ、ラジオの番組に対して話す新コーナー。毎週火曜午後5時40分からの放送で、8月9日からスタートしました。9月6日は広島経済同友会代表幹事で森信建設社長の森信秀樹さん(第1週担当)が出演。9月13日は書家・刻字作家の安達春汀さん(第2週担当)。9月20日は元広島バスセンター社長で広島市退職公務員連盟(まこも会)理事長の伊藤利彦さんが出演しました(第3週担当)。第4週は元中国新聞社呉支社長で広島経済大教授の渡辺勇一さんが出演しています。


<番組に対する委員の意見・感想>

・それぞれの出演者に特徴が出ていた。特に、森信さんと伊藤さんは、広島という地域でこれまでに行われてきたことをふまえ、広島というものをどう伝えていくか、地域の発信についてきちんと掘り出しながら話していた。魅力的な番組だ。安達さんの人工知能のニュースについての感想も面白く、医師としても同じ気持ちなので共感できた。3人とも新聞記事をもとに広島ローカルの話題を取り上げて話していた。地元新聞社と関連の深いFM局という特徴をよく生かしたコーナーだと思う。

・広島は「教育県」だと思っているが、教育の話が出てこなかったのは少しさみしかった。1カ月FMちゅーピーのラジオをじっくり聞いてみて、音楽の選曲が良いという印象だ。スマートで品がある。

・出演者の個性が出ていて、今後が楽しみな番組だ。ただ、放送している午後5時台は、忙しい時間帯なので、夜でもいいからじっくりおちついて聞ける時間帯のほうが向いた内容だと思う。再放送も含めて考えてもらいたい。

・どの出演者も博識で、内容に非常に聞きごたえがあった。他の委員も指摘したように、もっとたくさんの人に聞かれる時間帯もあるかもしれない。ただ、3人とも中国新聞の記事を取り上げていたが、他の新聞やテレビ局の番組への意見も聞いてみたい。

・それぞれの得意分野の視点での話で、とても興味深く聴けた。ほかの分野の方のお話も聞いてみたい。新聞を材料に番組づくりをするのはFMちゅーピーらしいと感じた。森信さんと安達さんは、取り上げている新聞記事の内容が伝わりにくかったが、伊藤さんの時はパーソナリティーが記事のリード部分を読み上げていたので分かりやすく、改善されていると感じた。今後は、どの出演者の場合も、パーソナリティーが記事のリード部分など概要を先に紹介してから話してもらう方がいいのではないかと思う。

・立場や経験が違う人たちが新聞記事を自分自身でセレクトして話すという内容は面白かった。大学生や社会人には興味深くて良い番組なのではないか。その層の視聴者が多い時間帯で放送するとなお良いのではないかと感じた。

・ふだん、苦労して新聞記事を書いている者としては、こういう番組は大変ありがたい。紙面の内容をしっかり番組で伝えていて、内容も聞きやすかった。出演者が3人とも最後に自分の意見をはっきりと話しているのが印象的だった。行政ネタなどとっつきにくい話題もあると思う。時事的な問題ももっと取り上げてもらえればと思う。


<パーソナリティーの報告>

朝の帯番組「朝ラジ!」に出演しているパーソナリティー2人が、それぞれの番組の特徴や日頃から心掛けていること、リスナーの反響などについて話した。


◆前回以降の経過

▽8月2日(火) 東広島市のメンテックワールドの小松節子社長がナビゲーターを務め、毎週さまざまなゲストを迎える番組「節子の部屋」の放送をスタートした。

▽8月6日(土) 「ピースロード」の特別番組として、平和記念式典の中継を放送した。生放送部分のゲストには番組解説役の元中国新聞記者の難波健治さん、広島市立大の井上泰浩教授を招いた。収録部分は歴史研究家の森重昭さんへのロングインタビューで構成し、米国人で詩人のアーサー・ビナードさんにもコメントしてもらった。

▽8月8日(月) 広島広域公園第一球技場(広島市安佐南区)で開催された「Balcom BMW CUP 平和祈念 広島国際ユースサッカー2016」で、「広島県高校選抜U-18 対 サンフレッチェ広島FCユース」の試合を生中継した。

▽8月11日(火) 午後2時30分から、JR広島駅南口地下広場で元広島東洋カープの外木場義郎さんやカープ芸人のザ・ギース尾関高文さんらを招き、公開生放送「エールエール カープスペシャル~25年ぶりの悲願~」を放送した。午後6時45分からは、廿日市市の宮島にある広島経済大のセミナーハウス成風館から、宮島水中花火を実況中継する特別番組を生放送。同大学の学生たちも移動中継に参加した。

▽8月22日(月)東京の山野楽器本店で、歌手の藤井フミヤさんをゲストに招き、公開録音イベント「FMちゅーピー J-CAFÉ Ocean Breeze 公開録音 東京出張編」を開催した。東京での公開録音イベントの開催は初めて。8月27日(土)と9月3日(土)の番組で放送した。

▽8月26日(金)と9月30日(金) 広島市中区のサンモール5階で「にかもとりかの【おれんじ☆かのん】」の公開生放送イベントを開催した。

▽9月18日(日) 午前零時40分ごろ、国土交通省太田川河川事務所からの要望で、大雨による緊急割り込み放送を実施した。高瀬堰を放流するため、太田川の下流に近づかないよう呼びかける情報。

▽10月1日(土) 午後1時から、旧広島市民球場跡地で開かれた「ちゅーピーまつり2016」で、「ちゅーピーまつり特別番組 ~秋のアイドル スペシャル公開生放送~」を放送した。また、「広島すまいるパフェ」が10月で10周年を迎えたのを記念して、午後10時から特別番組「夜すま」を生放送した。


以上